みなさんの子供時代の
「ヒーロー」
は誰でしょうか?

  • ウルトラマン?
  • 仮面ライダー?
  • ドラゴンボールの孫悟空?

人それぞれいらっしゃるのではないかと思います。

小さな頃からプロレスばかり見ていた私にとって
ヒーローは
今回ご紹介するハヤブサ選手でした。

そんなハヤブサ選手の経歴とともに、
ゆっくり振り返っていきたいと思います。

不死鳥・ハヤブサ誕生まで

ハヤブサ

(本名:江崎英治 1968年11月29日 – 2016年3月3日)

熊本商科大学(現:熊本学園大学)在学中に「プロレス同好会」に入り、

学生プロレスを始めます。

大学は2年で中退していますが、

学生プロレスは4年間続けていたそうです。

その後1991年に大仁田厚選手が代表を務めるFMWに入門。

昼間はアルバイト、

夜に練習する生活を送りながら、

同年5月に素顔でデビューします。

当時から「若手の中では素質がズバ抜けていた」

と師匠の大仁田選手は語っており、

大きな期待があったことがうかがえます。

1993年にメキシコ遠征に出発し、

1994年に一時帰国。

マスクマン「ハヤブサ」として生まれ変わり、

様々な団体の選手が参戦した

ジュニアヘビー級のオールスター戦
「第一回スーパーJカップ」に参戦します。

そこで対戦したのはなんとあの

「獣神サンダー・ライガー」選手。

コスチュームを着たまま舞い上がる美しい姿は、

新日本プロレスをはじめとする

メジャー団体の選手に大きなインパクトを与えました。

新エース・ハヤブサ誕生

スーパーJカップでの活躍後のハヤブサ選手は、

1995年に看板選手大仁田厚の引退に伴い
ヘビー級に転向し、

一躍FMWのトップレスラーに躍り出ることになります。

大仁田選手の引退試合の相手もハヤブサ選手が務め、

実質的な世代交代が行われました。

当初は大仁田選手不在のFMWに対し、

一部のファンからすぐ倒産してしまうのではないか

など厳しい声もあったそうなのですが、

そんな不安を消し飛ぶようなハヤブサ選手の活躍で、

FMWは新日本プロレス、全日本プロレスに次ぐ

ナンバー3の座を確固たるものにしていきます。

しかし「飛べるヘビー級」レスラーとしての代償は大きく

1996年には肘がパンクしてしまい手術のため長期離脱するも、

団体のため短期間での強行復帰を強いられるなど、

「不死鳥・ハヤブサ」

の体は確実に蝕まれていきます。

ハヤブサ・メジャー全日本に舞う

そんな中、

ハヤブサ選手は大仁田選手の打診もあり

「’97チャンピオン・カーニバル」より

あのジャイアント馬場さん率いる全日本プロレスに

スポット参戦が決定します。

馬場さんにも試合内容を高く評価され、

気に入られたそうです。

私はこの時期に「ヒーロー」ハヤブサ選手と出会いました。

私は初めて会場に観に行ったプロレスが

全日本プロレスだったこともあり

当時は全日本プロレス以外、ほとんど見ていませんでした。

ほかの団体も見てないわけではなかったのですが、

全日本プロレス「四天王」

三沢、川田、小橋、田上選手達の戦いが

最も凄いと信じきっていたので、

全日本ほど熱心に見ていませんでした。

そんな中、

全日本プロレスに参戦したハヤブサ選手を見て

立っているだけでも美しい姿、コスチューム

(なんと、このコスチュームは全て江崎さんご自身のデザインなのです!)

マスクマンにも関わらず美男子であることが分かり切った風貌

そして何より今まで見た事もない飛び技の数々に

完全に魅了されてしまいました。

それからの私は飛び技だけのシーンを

VHSで繰り返し再生したり、

体育館のマット運動でハヤブサ選手のまねをしたり、

そんな事を繰り返すようになっていました。

当時はデスマッチが怖くて、

FMWには興味を持てなかったのですが

ハヤブサ選手の試合だけは雑誌などでも

かならずチェックするようになりました。

全日本プロレス・FMW両方での活躍が認められ、

この年の年末でプロレス大賞・殊勲賞のタイトルを受賞。

FMWみならず、プロレス界全体で確固たる地位を築いていきます。

満身創痍のエース

そんなFMWの大看板ハヤブサ選手は、

なんと1999年6月に素顔に戻り

H(エイチ)
というレスラーに変身します。

これは飛び技を主体とするファイトスタイルにより、

着地の衝撃を支え続けた江崎さんの膝が

限界に達していたと言う事情もあったようです。

ですが、この時期にはFMWの業績も下降し、

やはり「空飛ぶハヤブサ」を見たいというファンも多く

2000年からは再びハヤブサに戻しました。

満身創痍でも飛び続ける中、

ついにハヤブサ選手の体は限界を迎えようとしていました。



飛べなくなった不死鳥

2011年10月22日、

後楽園ホールの対マンモス佐々木戦で

ハヤブサ選手は試合中のアクシデント

(ラ・ブファドーラの失敗)により頚椎を損傷の重傷を負い、

治療とリハビリに臨むために

長期・無期限の休業を余儀なくされます。

 

その時の映像はこちら

(衝撃的なシーンですので心して見てください)

ハヤブサの事故動画

この当時、医者からは

首から下は一生動かないとまで言われたそうです。

あれだけ自由に動き回れた人間が、

自分で歩くことも出来なくなってしまう気持ちは

想像を絶するものがあることでしょう。

その後、リハビリにより、

自力で立ち上がり、補助付きで歩けるまで回復しますが、

経営不振により所属団体のFMWは倒産。

FMW一部選手ともに2002年8月、

新団体WMF旗揚げにあたりコミッショナーに就任しましたが、

その後、離脱して個人事務所「隼計画」を設立します。

そこで彼が選んだ道はなんと「歌手活動」。

飛び回ることもできない、

歩くこともできない、

それでも彼は諦めませんでした。

ハヤブサ選手は言いました。

「自分はまだしゃべることが出来た」

今の自分の状況でできることを、精いっぱいやる。

飛べなくなったハヤブサ選手が伝える「頑張って」は

私にはより説得力を増したように思えました。

あとがき・旅立った不死鳥

歌手活動を行いながらもリング復帰を目指すハヤブサ選手は

2016年3月3日正午、くも膜下出血により47歳でお亡くなりになりました。

飛び回る姿も、歌い続ける姿も、最

後まで諦めない姿こそが「プロレスラー」でした。

私にとってのヒーロー

「プロレスラー ハヤブサ」

の魅力がほんの少しでも伝われば嬉しいです。

最後はハヤブサ選手の決め台詞で締めさせて頂きます。

「お楽しみは、これからだ!!」

The following two tabs change content below.
マウナケアあつし

マウナケアあつし

ロックとプロレスをこよなく愛する三十路プヲタ 幼少期はいじめられっこだった僕は、ある日父親にプロレス会場に連れていってもらったおかげでプロレスFANになり、強い男になることを決意。いじめっこを「ノド輪落とし」で撃退し、無事にいじめからの脱出に成功できた。プロレス観戦歴20年を超える私のかなり「歪んだ」プロレス観を書いています。詳しいプロフィールはこちら→プロフィール