【プロレスファン必見】おススメのプロレスゲーム4選!

今、少しずつ
ブームが広まりつつある
プロレス。

実際に観戦に…
となると、

少し敷居も
上がってしまいますし、

またこのコロナ禍の中で
外出も難しい状況ですね。

しかし、
プロレスは観るだけでなく、

ゲームで『遊ぶ』というのも
また別の楽しみ方の1つです。

ゲームであれば
誰にも邪魔をされず、

また自分のペースで、
好きな選手と選手を戦わせることも出来ます。

今回は数多くある
プロレスゲームの中から、

ファンに人気の
プロレスゲームを
紹介したいと思います。

プロレスゲームの定番、ファイヤープロレスリング

スーパーファイヤープロレスリング

スーパーファイヤープロレスリング

7,800円(09/26 08:12時点)
Amazonの情報を掲載しています

もはや説明不要。

初代発売から
30年も経ち

今なお新作が
発売されている
人気ゲームです。

一番の新作である
『ファイヤープロレスリングワールド』

では
新日本プロレスと
スターダムのレスラーが
実名で登場。

また新日本プロレスに入団
→IWGPチャンピオンを目指す

という
ストーリーモードなどが
収録されています。

なんといっても
ファイプロの魅力は

細かいエディットが
出来る事。

細かく技の設定が
出来るほか、

たくさんの衣装の中から
リングコスチュームを選び、

また入場曲

アピールなどを設定でき、

自分だけの
レスラーエディットが
自由自在にできます。

しかも
ほかのプロレスゲームに比べ、
短所であった入場シーンも、

新作のプラットフォーム(PS4)を
うまく活用し、

自分で取り込んで
設定が可能になっています。

そのため全てのレスラー
原曲で入場も可能ということなので、

いないレスラーも
自分で隅々まで作ることが可能です。

またゲームシステムも、

いきなり大技、
フィニッシュホールドを
出そうとしても出せず、

打撃技などで
たたみこみ、

相手の体力を
奪わないとならず、

忠実に
プロレスの醍醐味を
取り入れているため、

非常に奥が深い
ゲームとなっています。

私もゲームボーイアドバンスで
発売された

『ファイヤープロレスリングA』
をよくやっていました。

どこでも持ち歩きが可能な
ファイプロということで、

ひたすら
やり込みましたね。

元々ファイプロは
全レスラーが偽名なので、

これは誰だと
考えるのも楽しかった思い出です。

登場レスラーは過去最多、キングオブコロシアム

キング・オブ・コロシアム(緑) ~ノア×ZERO ONE ディスク~

キング・オブ・コロシアム(緑) ~ノア×ZERO ONE ディスク~

2,300円(09/26 08:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

プロレスゲームには
定評のあるスパイクが

2002年に発売した
キングオブコロシアムですが、

当時では最大級のボリュームの
プロレスゲームでした。

なんといっても、
ポケモンのように

  • 『赤』
  • 『緑』


それぞれ分かれている
というところが最大の魅力。

赤には新日本や全日本、

緑にはノアやゼロワンなどの
主要団体が入っており、

これを片方のゲームで
取り込むことによって、

1枚のディスクで
参戦させることが
可能になるというシステムです。

既存の
プロレスゲームで培った

『クラッチシステム』を
使用しましたが、

当時人気のあった
総合格闘技の攻防も
これで再現。

これにより、
プロレスラー対柔術などが

ゲーム内で
再現可能になったことも
大きな話題に。

また選手が
多数実名で登場しており、

入場曲なども
原曲が多数使用されています。

またゲーム内には
実況に加え解説も登場しました。

新日ゲームの人気シリーズ、闘魂列伝シリーズ

新日本プロレス 闘魂烈伝2

新日本プロレス 闘魂烈伝2

1,480円(09/26 08:12時点)
Amazonの情報を掲載しています

ファイヤープロレスリング
シリーズを作成した

ユークスが手掛けた
新日本プロレスゲーム。

これまでタイミングゲームだった
プロレスゲームの概念を変えた作品で、

今後いろいろなゲームでも
採用される

3すくみシステムを
主流にした作品です。

シリーズ3作目の
闘魂列伝3では、

シリーズ初の
入場シーンが収録され、

実際の会場使用曲が
採用されました。

またこちらも
初のエディットモードが登場、

ただ他のゲームと違い
制限があり

自由自在な
作成が出来ませんでした。

しかしレスラー数が
倍数増えて、

  • ザ・グレート・サスケ
  • スペル・デルフィン

など
新日本所属以外の選手も
追加されていて、

当時の新日本を
まさに体現した一本となっています。

そしてシリーズ1番の
ロングヒットとなった
4作目の闘魂列伝4。

プラットフォームが
ドリームキャストで発売され、
通信機能も搭載。

アーケード版も
リリースされました。

ゲームシステムは
そのままで、

入場衣装の採用

またエディットモードでの
制限撤廃など

システムの大幅な向上と
グラフィック向上で、

日本中の色んな人と対戦できる
プロレスゲームとして

多くの人に認知されました。

当時
なんといっても話題になったのは、

何故か使用出来る
レスラーの中に

  • 『田中秀和(ケロちゃん)』
  • 『タイガー服部』

がいたことですね。

しかも
タイガー服部さん、
めっちゃ強いんですよね。

さすが隠しキャラといったところ。

今でも根強いファンが多い、ジャイアントグラム2000

力道山をはじめ、
デストロイヤーなどの
往年の名レスラーをはじめ、

全日本所属の
多くの選手が参戦。

当時、ノアへ
大量離脱した時期と重なり、

ノアへ移籍した
レスラー勢とすれば

全日本プロレス名としては
最後のゲームです。

GIANT GRAM2000全日本プロレス3

GIANT GRAM2000全日本プロレス3

6,380円(09/26 21:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

ビジュアルなども
もちろん良いのですが、

最近のプロレスゲームには
あまりないゲームシステムを
メインに押し出した作品です。

入場シーンは短いものの、
会場でのリアルな歓声と原曲を使用するなど
凝った演出も。

そしてコンシューマー版で
特に凄かったのが、

『名勝負再現モード』です。

過去の名勝負と
同様の展開で試合を再現し、

フィニッシュまで持っていくと

試合後に
実際の試合動画が
ダイジェスト版で流れるのです。

ジャイアント馬場選手をはじめ、

  • 三沢選手
  • 小橋選手
  • ハンセン選手
  • 川田選手

など
全日本の激闘を
振り返ることが出来る

  • ジャイアント馬場選手
  • ジャンボ鶴田選手
  • 四天王プロレス

が好きな人にとっては
必需品のゲームです。

ドリームキャストという
媒体でなければ、

絶対買ったんですけどね…。

プロレスゲームのまとめ

昔ファミコンで
発売された『キン肉マン』を
はじめとして

今日までに
いろんなプロレスゲームが発売されました。

上記で紹介した
ゲーム以外にも、

名作だったり
迷作も多く登場しています。

実在のプロレスラーゲーム以外であれば、

プレイステーション2の
キン肉マンジェネレーションズがいいかも。

実際のプロレスゲームを
制作している会社が作っているため、

システムもそれに近いのでオススメです。

また入場だけでも見て欲しいのは、

プレイステーション2の
『オールスター・プロレスリング3』ですね。

オールスター・プロレスリングIII

オールスター・プロレスリングIII

7,500円(09/26 21:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

実際の使用音源はもちろん、

入場時の盛り上がりまで
完全に再現!

観戦ゲーとしては
個人的に一番オススメします。

自分だけの
ドリームマッチを組んだり、

好きなプロレスラーで
天下を取るもよし、

色んな好みを押し出して、

ゲームの時間に浸って
盛り上がるのもいいかもしれませんね。

---------

この記事を読んで面白かった~
と思ったら

コチラクリックをお願いします!

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村


プロレスランキング
The following two tabs change content below.

緋空

はじめまして、プロレス全般を愛する緋空と申します。アラサーのパパで小学生の頃からプロレス観戦をはじめました。それからはプロレスにガッチリとハマって、プロレスのテレビ解説や、高校の文化祭でプロレス団体を呼びリングアナをさせていただいたり、インディー団体のリング設営を手伝ったり。あらゆることをやってきましたー。みなさまにプロレスの楽しさを伝えたく筆を執りました。詳しいプロフィール